シーアンカー

SUP シーアンカーの口を早く開く工夫

SUPが風で流されるスピードを緩やかにしてくれるシーアンカー(パラシュートアンカー)。使っていると時々海中で開きづらくアンカーが効かない事があります。

素早くアンカーの口が開くように私は細工をしてから海で使っています。今回は細工の方法をご紹介します。

オモリやフロートを使って対策している方もいますが、天地を気にする必要がないこの方法が気に入っています。

シーアンカー(パラシュートアンカー)
シーアンカー(パラシュートアンカー)

上の写真と同タイプのアンカーを使っている方も多いと思います。口が開きづらくなるのが難点です。

created by Rinker
¥5,200 (2023/02/08 01:48:26時点 楽天市場調べ-詳細)
アンカーの口にナイロンコードを通す
アンカーの口にナイロンコードを通す

アンカーの口の周囲にあるパイピングに草刈機用のナイロンコードを通していきます。こうする事で口に「たわみ」が生じて海水をはらみやすくなります。

最初はテニスラケットのガットを通したのですが、細くて柔らかすぎてうまく口が開きませんでした。

高儀 斬丸 草刈用 ナイロンコード 角型 2.2mm×10m
コードの先端をライターであぶる
コードの先端をライターであぶる

コードが通りにくい時はコードの先端をライターなどであぶり角を丸めておくと通りやすくなります。(火の扱いには十分にご注意ください)

根気よくコードをパイピングに通す
根気よくコードをパイピングに通す

最初は簡単にコードがパイピングの中を進むのですが、段々窮屈になっていきます。根気よく通していきます。私は1周させるのに30分くらいかかりました。

コードがアンカーの口1周を通りました
コードがアンカーの口1周を通りました
コードが通ると「たわみ」ができます
コードが通ると「たわみ」ができます

コードが通るとアンカーの口に「たわみ」ができます 。アンカーを海中に投入した際たわみが海水をはらんで早くアンカーが開くようになります。

早くアンカーが開くと狙ったポイントに留まりやすく、釣果アップにもつながるように思います。Youtubeでも映像でご案内しています。お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA